店舗・オフィスデザインなら東京・名古屋・群馬のBalboa studio

BLOG -ニュース&ブログ-

モダンなデザインとは|店舗デザインにおけるモダンについて解説
2019/12/26

こんにちは!Balboa studioスタッフの近藤です。

店舗デザインの依頼をお考えの方はいらっしゃいませんか。
店舗デザインには様々なジャンルがあります。
その中でも、モダンな店舗デザインにしたいという方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、モダンにも様々な種類があります。
どのモダンが自分のイメージに一番近いのでしょうか。

そこで今回は、店舗デザインにおけるモダンについて紹介します。

□モダンとは

IMG_2786 モダンなデザインとは|店舗デザインにおけるモダンについて解説

モダンにも様々な種類がありますが、それぞれに共通している点があります。
モダンの基本は、ベースカラーを白に設定することです。
白に黒を加えたモノトーンスタイルは、モダンの定番です。
金属やガラスなど、人工の素材を取り入れることでもモダンを演出できます。
また、直線と曲線をどちらも取り入れることで、近未来的なイメージになります。
モダンなデザインには、インテリアも大きく影響します。
モダンな店舗デザインにする場合は、インテリアの質や色についても把握しておきましょう。

□モダンの種類

モダンには、様々な種類があります。
それぞれを把握して、自分のイメージにあったモダンを探しましょう。

*北欧モダン

北欧モダンは、太陽のような明るさや楽しさを取り入れたデザインです。
木材を多用している点も、北欧モダンの特徴です。
白木の床や家具にポップカラーのファブリックなどが代表的です。
北欧モダンでは、加工の少ない木材が用いられます。
また、北欧モダンは優しい自然に触れたような印象の演出もできるのです。

*ナチュラルモダン

ナチュラルモダンは、落ち着いた雰囲気でありながら、生活感のあるスタイルのことを言います。
色はブラウンやベージュを基調として、それらになじみの良い色を使います。
ナチュラルモダンでは、木材の使い方が特徴的です。
素材の味を失わないように加工された木材が用いられます。
観葉植物を置くことで、グリーンの色味が足されることもあります。

*和モダン

モダンに和のテイストを加えた、和モダンという種類もあります。
和洋折衷に近いイメージのデザインです。
和モダンは日本人だけでなく、外国人にも人気の高いデザインです。
畳や障子などの伝統的なインテリアを用いることで和を演出できます。
飲食店であれば、掘りごたつも和モダンでは大活躍します。
和モダンの手法には、日本の伝統的なインテリアの色を、白や黒に統一するといったものがあります。
例えば、白黒の畳は和モダンのデザインでは重宝されています。

*フレンチモダン

エレガントで上品なフレンチテイストにモダンを加えたデザインをフレンチモダンと言います。
色はホワイトを基調にグレーやベージュを用います。
ゴールドをアクセントカラーに加えると、エレガントなデザインになります。
インテリアには、美しい曲線が用いられているものを選びましょう。
例えば、アーチ状の棚や、丸い椅子や机などです。
これらを用いることでも、エレガントな雰囲気を演出できます。

□まとめ

今回は、店舗デザインにおけるモダンについて紹介しました。
モダンには様々な種類があります。
それぞれの特徴を把握することで、自分のイメージにあったデザインを選べます。
自分のイメージにあったデザインを探して、後悔しない店舗デザインをしましょう。

また、当社では店舗開業施工を行っております。
確かな技術、豊富な経験からなる確かな知識で、素材選びからこだわり、お客様にあったご提案を致します。

また、デザイン性の高い店舗デザインからブランディング、運営サポートまで、店舗開業・店舗運営における一貫したサポートも行っております。
お客様が納得・安心できる体制でお待ちしておりますので、新店舗のデザイン、設計、施工をお考えの際は、ぜひ当社もお考えください。

CONTACT US

- お問い合わせ -

プライバシーポリシーはこちら>> 
※必ずお読み下さい
お電話でもお気軽にお問い合わせください 
TEL:052-934-7581

確認画面は出ませんので、送信前にもう一度内容をお確かめください。*は必須項目です。