オフィスデザインは名古屋のBalboa studio

BLOG -ニュース&ブログ-

ヘアサロンの店舗デザインで失敗しない方法をご紹介します!
2019/12/19

こんにちは!Balboa studioスタッフの近藤です。

店舗デザインの依頼をお考えの方はいらっしゃいませんか。
店舗デザインのなかでも、ヘアサロンの店舗のデザインは難しいです。

ヘアサロンの店舗デザインはどのようにすれば良いのでしょうか。

そこで今回は、ヘアサロンの店舗デザインで失敗しない方法について紹介します。

□業者選び

0007_xlarge ヘアサロンの店舗デザインで失敗しない方法をご紹介します!

店舗デザインで重要なことの一つが、業者選びです。
業者選びで失敗すると、店舗デザインに不満が残ってしまいます。
業者選びで失敗しない方法について紹介します。

*実績を重視する

業者選びでは、過去の実績を重視しましょう。
経験が豊富なほど店舗デザインで失敗しにくくなります。
過去の実績といっても、単に数が多いという意味ではありません。
ヘアサロンのデザイン実績が多い業者を選びましょう。

*コミュニケーションが取れるかどうか

自分のイメージがうまく伝わらなければ、店舗デザインは失敗してしまいます。
イメージやコンセプトがしっかり伝わるにはコミュニケーションが重要です。
具体的には、コミュにケーションができてこちらの意図を理解してくれる業者が好ましいです。
また、それに加えて提案をしてくれる業者ならなお失敗しにくいです。

□デザイン

店舗デザインを決めるときにも注意点があります。

*打ち合わせ

デザインは、ある程度自分で決めておくことが好ましいですが、最終的にはデザイン会社がデザインを作ります。
そのため、打ち合わせでは過不足なくイメージやコンセプトを伝える必要があります。
打ち合わせの前に、イメージやコンセプトを言語化しておきましょう。
おすすめは、理想のヘアサロンのイメージや画像を用意しておくことです。
また、理想のイメージだけでなく、絶対に嫌だというイメージも用意しておきましょう。
そうすることで、打ち合わせがスムーズにできます。

*デザイン決定後

打ち合わせ後にデザイン会社がデザイン案を提出します。
その際には自分のイメージとあっているかどうかを確認しましょう。
少しでも違うと感じた場合は修正をしてもらいましょう。
そのまま施工してしまうと、後から後悔してしまいます。

□店舗デザインの考え方

店舗デザインの考え方には、様々なポイントがあります。
それぞれを把握することで、失敗のない店舗づくりをしましょう。

*ターゲット

店舗を経営するにあたり、ターゲットを定めることは大切です。
店舗を構えるエリアにはどのような年齢層の人がどのくらい住んでいるのか、自分のしたいコンセプトにあったターゲットはどの層かを考えましょう。
店舗を構える地域に多いターゲット層から店舗イメージを考えれば、失敗は少ないです。
また、イメージやコンセプトに合わせてターゲット層の多い地域に店舗を構えることも手段の一つです。

*安心感

ヘアサロンでは、長時間滞在することが多いです。
そのため、安心感は重要です。
長時間いても苦痛にならないように、開放感のある店舗デザインを心がけたり、お客さん同士の目線が合わないような店舗デザインを心がけたりすることで、安心感が生まれます。

□まとめ

今回は、ヘアサロンの店舗デザインで失敗しない方法について紹介しました。
ヘアサロンの店舗デザインには、様々なポイントがありました。
できるだけ多くのポイントを把握して、失敗しない店舗デザインにしましょう。
また、当社では店舗開業施工を行っております。
確かな技術、豊富な経験からなる確かな知識で、素材選びからこだわり、お客様にあったご提案を致します。
また、デザイン性の高い店舗デザインからブランディング、運営サポートまで、店舗開業・店舗運営における一貫したサポートも行っております。
お客様が納得・安心できる体制でお待ちしておりますので、新店舗のデザイン、設計、施工をお考えの際は、ぜひ当社もお考えください。

CONTACT US

- お問い合わせ -

プライバシーポリシーはこちら>> 
※必ずお読み下さい
お電話でもお気軽にお問い合わせください 
TEL:052-934-7581

確認画面は出ませんので、送信前にもう一度内容をお確かめください。*は必須項目です。