オフィスデザインは名古屋のBalboa studio

BLOG -ニュース&ブログ-

店舗デザインにおける設計マニュアルとは
2020/07/09

こんにちは!Balboa studioスタッフの近藤です。

店舗デザインについて知りたいという経営者の方は多いです。
店舗デザインではさまざまな要素が検討されます。
それぞれの要素について知ることも大切ですが、店舗デザインで大切なのはそれだけではありません。

今回は、設計マニュアルについて紹介します。

□設計マニュアルとは

maarten-van-den-heuvel-8EzNkvLQosk-unsplash-scaled 店舗デザインにおける設計マニュアルとは

そもそも店舗における設計マニュアルとはどのようなものなのでしょうか。
初めて店舗デザインについて考えているという方には、あまり聞き慣れない言葉かもしれません。
設計マニュアルとは、多店舗展開する際に重要になるものなのです。
設計マニュアルは多くの店舗を展開する際に、全ての店舗でベースとなる内容が記されたものです。
設計マニュアルは、設計指針書や標準デザイン、レギュレーションとも呼ばれます。

設計マニュアルにはどのような内容が掲載されているのでしょうか。
設計マニュアルでは、多くの店舗間で統一感を演出するために店舗において使用する素材や色使い、レイアウトなどのさまざまな決まりを設けています。
設計マニュアルがあれば、新店舗を展開する際に、統一感のある店舗デザインが簡単にできるようになるのです。

□設計マニュアルの4つの役割

設計マニュアルは多店舗展開をする際に大切なものですが、具体的にどのような役割があるのでしょうか。
設計マニュアルの4つの役割を紹介します。

*ブランド力を示す

店舗の内装デザインには、それぞれの店舗のこだわりや性格が一番現れる場所です。
こだわりや性格といったものは、コンセプトやターゲットを深く考えた上で、店舗デザインとして具現化されています。
コンセプトは多店舗展開していくにあたって、変わってしまたり薄れたりしてはいけません。
しっかり多店舗でコンセプトが統一されていれば、そのコンセプトはブランドとして確立されていきます。
しっかり統一感を示すために、設計マニュアルが重要なのです。

*品質を保持する

多店舗展開をする際には、ブランド力を高めるためにも、統一感が重要でした。
しかし地域や立地によっては、毎回同じ業者に設計は頼めないです。
そのため、設計業者が変わっても同じ品質で店舗の統一感を示していく必要があります。
そのような時に設計マニュアルがあれば、どのような指針で店舗デザインを行えばいいかがわかるため、設計マニュアルは大切です。

*作業の効率化が期待できる

設計マニュアルがあれば、0から店舗デザインを考えなくても良くなります。
そのため、店舗を作るまでの時間が短縮できます。
またそれだけではありません。
設計マニュアルがあれば、物件選びの際の効率も高まります。

設計マニュアルがあれば店舗内の客席のレイアウトや設備の配置が予想できるでしょう。
これらの条件が決まっていることで、物件の候補がかなり絞り込めます。
店舗にできる見込みのない店舗を検討しなくて良いため、大幅な時間短縮が見込めるでしょう。

*コストに関する役割

設計マニュアルのコストに関する役割には、2つの側面があります。
まずは、コスト管理に関する役割です。
例えば店舗内で用いる素材や什器が他店舗と同じものなのであれば、それらの予算が立てやすくなります。
そのため、コストの管理が容易になるでしょう。

また、コストカットが可能になるという役割があります。
設計マニュアルがない場合、店舗イメージを考える際にも、設備を選ぶ際にも選択肢を絞っていく段階に多くの時間がかかります。
このような段階に手間をかけていると、それだけで余分なコストがかかります。
これらをカットできるという点も設計マニュアルのメリットと言えるでしょう。

□まとめ

店舗デザインを考える際には、店舗のデザインだけでなく、今後を考えて設計マニュアルを作るという点も大切でした。
どのような考え方で一店舗目を作っていったかを覚えているうちに設計マニュアルを作りましょう。

CONTACT US

- お問い合わせ -

プライバシーポリシーはこちら>> 
※必ずお読み下さい
お電話でもお気軽にお問い合わせください 
TEL:052-934-7581

確認画面は出ませんので、送信前にもう一度内容をお確かめください。*は必須項目です。