オフィスデザインは名古屋のBalboa studio

BLOG -ニュース&ブログ-

店舗デザインをお考えの方へ|美容院の店舗デザインを失敗しないためのポイントとは
2020/02/10

こんにちは!Balboa studioスタッフの近藤です。

「美容院の店舗デザインを考えているけど、失敗したくない」
「失敗しない美容院の店舗デザインを知りたい」

このように、美容院の店舗デザインを考えている方がいらっしゃると思います。
せっかく新しい店舗を建てるなら失敗したくないですよね。

そこで今回は、美容院の店舗デザインを失敗しない方法についてご紹介します。

□美容院の店舗デザインには注意が必要

店舗を繁盛させるためには、提供するサービスだけが重要ではありません。
どれだけ凄い技術を持っていたり、円滑なコミュニケーションできたりしても、その店舗自体が気持ちの良い空間である必要があります。
どれだけのサービスや円滑なコミュニケーションがあったとしても、店舗のデザインや雰囲気で台無しになってしまう可能性もあるくらい、店舗デザインの影響力は大きいです。
お客様が新しい美容室を探すときは、インターネット上の口コミや価格、店舗のイメージを重視します。
イメージは、サンプリング画像よりも、店舗デザインのクオリティが必要です。
カット後の画像などで決められていると思われているかもしれませんが、どこの美容室も良いように見えてあまり参考になりません。
また、お客様はどこの美容室でも自分の求めているカットをしてくれると思っています。
そのため、インターネット上では差別化が難しいため、店舗のデザインはとても重要になります。
スタイリッシュや上品、シンプルなど、それぞれの美容院の理想にあった雰囲気のデザインにしましょう。

□美容院の店舗デザインで与える印象が変わる

美容室は、自分自身を磨くため、進化するための大切な場所です。
また、ショッピングや食事、ジムでの運動とは違い、自分から動き出すことがほとんどなく、座っている時間が長いです。
そのため、様々な場所に目が行き、店舗の内装などをじっくりと見る時間があります。
現在は、全国にたくんさんの美容院があります。
しかし、「美容院といえばここ」というように、誰もが口を揃える美容院がありません。
そのため、ブランド力がある大手美容院が少ないので、自立志向の経営が多い業界と言えます。
その分、競合店が多いため、どれだけ独自の店づくりができているかどうかが、美容院を運営していく上では重要です。
美容院としての店舗デザインは、どのように何を感じてもらいたいのかなど、美容院ごとに異なった雰囲気を知ってもらうための方法として効果的です。
このように、どこの美容院に行くか迷っている人などの新規顧客を獲得するときに、競合店との差別化ができる店舗デザインによる雰囲気づくりは必要不可欠です。
つまり、店舗デザインを考えることは、お客様に与える印象を決めることでもあります。

□美容院の店舗デザインするときのポイント

*地域にあったデザインの系統にする

地域の雰囲気にあった店舗デザインは重要です。
例えば、銀座にコンクリート打ちっ放しで配管がむき出しのデザインの場合は、あまりお客様が入ってこない可能性があります。
反対に、渋谷や原宿で、色と黒を基調とした高級感のあるデザインにすると、入りづらく感じてしまいます。
その地域には、その地域にあった人たちが多くいます。
そのため、自分の感覚や雰囲気と違った場合は、店舗に入ることすら難しくなってしまうでしょう。

□まとめ

今回は、美容院の店舗デザインを失敗しない方法についてご紹介しました。
当社では、オフィスデザインについてのご相談を電話などから随時受け付けております。
デザインの専門家が、お客様の店舗デザインに関する悩みを全力で解決します。
美容院の店舗デザインにお困りの方はぜひ一度、当社までお問い合わせください。

CONTACT US

- お問い合わせ -

プライバシーポリシーはこちら>> 
※必ずお読み下さい
お電話でもお気軽にお問い合わせください 
TEL:052-934-7581

確認画面は出ませんので、送信前にもう一度内容をお確かめください。*は必須項目です。