店舗内装デザインなら東京・名古屋・群馬のBalboa studio

BLOG -ニュース&ブログ-

内装工事をしたい方へ!勘定科目の「建物」に含まれるものを紹介!
2021/10/27

こんにちは!Balboa studioスタッフの近藤です。

「内装工事に関する勘定科目について理解を深めたい」
このような疑問や希望をお持ちの方は多いと思います。
勘定科目は、会計処理をするにあたり知っておくべき知識の1つです。
特に、内装工事に関する勘定科目は複雑です。
そこで今回は、内装工事の勘定科目の1つである「建物」に含まれるものを紹介します。

□勘定科目を分けるメリットとは?

business-gfa7013e54_1920 内装工事をしたい方へ!勘定科目の「建物」に含まれるものを紹介!

最初に、勘定科目を分けるメリットを紹介します。

メリットは、会社の会計処理を把握しやすくなることです。
勘定科目は、会社の取引によって発生した費用や収益、収支などをわかりやすく記録するためのものです。
そのため、勘定科目を分けることで、何にいくら使用したのか、何にいくら利益がうまれたのかが一目で理解できるようになります。

また、勘定科目を分けることで貸借対照表や損益計算書などの書類作成も効率的に進められます。

□「建物」に含まれるものと含まれないものを紹介

内装工事に関する勘定科目は、主に「建物」「建物付属設備」「諸経費」「備品」に分けられます。
その中で、「建物」と「建物付属設備」は仕訳が難しいです。
そこで、以下では「建物」に含まれるものと含まれないものを紹介します。

そもそも「建物」とは、屋根や壁、柱から構成された工作物です。
これに該当するものとして、アパート、事務所、店舗、倉庫などが挙げられます。
そして、この項目には、これらを建てるのにかかった工事費用が計上されます。
そのため、中古物件で内装工事をする場合は、この項目に計上するものはありません。

一方で、「建物付属設備」とは、建物に付属して機能する工作物を指します。
具体的には、以下のようなものが含まれます。

・電気設備
・給排水設備
・ガス設備
・空調設備
・昇降機設備
・消火・排煙設備、火災報知器、格納式避難設備
・自動開閉設備

これらの設備に関する工事費用は、建物付属設備として計上されます。

また、中には設置方法によって計上する項目が分かれるものもあります。
例えば、パーテーションは、建物自体に固定されているか否かで項目が分かれます。
パーテーションが、建物の天井や壁、床に固定されており、動かせないものは建物に該当します。
一方で、建物自体に固定されておらず、可動式のパーテーションは建物付属設備に該当します。

このように、内装工事に関する勘定科目は複雑なものもあるため、不明な点がある場合は早めに専門家へ相談することをおすすめします。

□まとめ

以上、勘定科目の「建物」に含まれるものを紹介しました。
今回の記事を参考に、内装工事に関する費用の仕訳を効率的に進めてください。
当社では、新しく店をオープンしたい方のご相談を承っております。
ご不明点等ございましたら、気軽にお問い合わせください。

DOWNLOAD

- 会社案内ダウンロード -

下記フォームからご依頼いただきますとBalboastudio会社案内PDFをダウンロード・閲覧いただけます。

    送信いただいたメールアドレスにPDFダウンロードURLが届きます。*は必須項目です。

    CONTACT US

    - お問い合わせ -

    こちらはお客様専用のフォームになります。
    業者・建材・企画営業の方は「業者の方へ」のページからお問い合わせください。
    プライバシーポリシーはこちら>> 
    ※必ずお読み下さい
    お電話でもお気軽にお問い合わせください 
    TEL:052-934-7581

      確認画面は出ませんので、送信前にもう一度内容をお確かめください。*は必須項目です。