店舗内装デザインなら東京・名古屋・群馬のBalboa studio

BLOG -ニュース&ブログ-

飲食店を開業したい方へ!スケルトン物件を内装工事するメリットとデメリットを解説
2021/10/01

こんにちは!Balboa studioスタッフの近藤です。

「スケルトン物件で内装工事するメリットとデメリットは何か」
「スケルトン物件で内装工事するにはいくら必要なのか」
このような疑問をお持ちの方は多いですよね。
内装工事をするにあたって、物件の選定は重要です。
今回は、スケルトン物件を内装工事するメリットとデメリットを解説します。

□スケルトン物件のメリット・デメリットを解説

milivoj-kuhar-Te48TPzdcU8-unsplash1 飲食店を開業したい方へ!スケルトン物件を内装工事するメリットとデメリットを解説

スケルトン物件とは、建物の躯体が剥き出しでコンクリートが打ちっぱなしの状態の物件を指します。
このスケルトン物件で内装工事をすると、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

*メリット

1つ目は、好きなように間取りや内装を設計できることです。
スケルトン物件は物件の躯体しかないため、店舗内のレイアウトや設備などを自分の好きなように設計できます。
店舗のコンセプトを明確に持っている方やブランディングをしたい方にはおすすめです。

2つ目は、設備の管理がしやすいことです。
居抜き物件は、空調や厨房機器などの設備に関する説明書や保証書がない場合があります。
このような書類がないとメンテナンス時期が把握できなかったり、相談先がわからなかったりします。
スケルトン物件の場合は、新しく設備を設置するため管理がしやすくなります。

*デメリット

1つ目は、費用がかかることです。
スケルトン物件は設備や内装を1から設計し施工するため、居抜き物件よりも費用が割高になります。

2つ目は、オープンに時間がかかることです。
内装工事だけでなく電気工事や空調工事なども行う必要があるため、居抜き物件に比べて工期が長くなってしまいます。

□飲食店をスケルトン工事する際の相場は?

スケルトン物件で飲食店を開店しようとした場合、内装工事の費用はいくらぐらいかかるのでしょうか。
以下では、飲食店のジャンル別の費用相場を紹介します。

カフェの費用相場は、30〜50万円程度です。
カフェは一般的なレストランに比べて店舗の規模が小さいため、相場は低いです。
レストランの相場は、50〜70万円程度です。

和食店の場合、規模やデザインにもよりますが、60〜80万円です。
焼肉店は、設備に費用がかかるため、相場は100〜150万円程度と割高です。

□まとめ

以上、スケルトン物件を内装工事するメリットとデメリットを解説しました。
居抜き物件にはないスケルトン物件の特徴をご理解いただけたでしょうか。
今回の記事を参考に、スケルトン物件での内装工事を検討してみてください。
当社では、飲食店や美容室など店舗を開店したい方のご相談を受付中です。
気軽にご相談ください。

DOWNLOAD

- 会社案内ダウンロード -

下記フォームからご依頼いただきますとBalboastudio会社案内PDFをダウンロード・閲覧いただけます。

    送信いただいたメールアドレスにPDFダウンロードURLが届きます。*は必須項目です。

    CONTACT US

    - お問い合わせ -

    こちらはお客様専用のフォームになります。
    業者・建材・企画営業の方は「業者の方へ」のページからお問い合わせください。
    プライバシーポリシーはこちら>> 
    ※必ずお読み下さい
    お電話でもお気軽にお問い合わせください 
    TEL:052-934-7581

      確認画面は出ませんので、送信前にもう一度内容をお確かめください。*は必須項目です。