店舗内装デザインなら東京・名古屋・群馬のBalboa studio

BLOG -ニュース&ブログ-

花屋の店舗デザインをお考えの方へ!ポイントをご紹介します!
2021/06/16

こんにちは!Balboa studioスタッフの近藤です。
店舗デザインをお考えで、花屋の内装にお悩みの方はいらっしゃいませんか。
花屋は花が中心であるため、花が引き立つような内装にしたいですよね。
そこで今回は、花屋の店舗デザインのポイントについてご紹介します。

□花屋の内装のポイントについてご紹介します!

peonies-2044874_1920 花屋の店舗デザインをお考えの方へ!ポイントをご紹介します!

*内装のコンセプトを決める

内装を決めるためには、まずお店のコンセプトを決めましょう。
店舗の周辺の雰囲気やターゲットを明確にすることで、内装の方向性も決めやすくなります。

ファミリー層がターゲットである場合、親しみやすく明るい雰囲気のお店が好まれますね。
また、太陽光がたくさん差し込む開放的な窓や、花屋だと人目で分かる気軽に入れる広い入り口を作ることも重要です。

さらに、大人な方をターゲットにする場合は、照明をやや暗めにし、隠れ家のような雰囲気を出しましょう。
そのため、お店のコンセプトはターゲットに合った内装にすることが重要です。

*花屋の内装のポイントとは

花屋の内装のポイントはいくつかありますが、ここでは3つご紹介します。
これらのポイントを参考に、花が引き立つような内装を実現しましょう。

まず1つ目は、花が引き立つような照明を取り入れることです。
花が引き立つように、ちょうど良い明るさの照明は必要ですね。

暗すぎる照明の場合は、濃い色の花の色が沈む可能性があります。
一方で、明るすぎる照明の場合は、淡色の花の色味が飛ぶ可能性があるため注意しましょう。
そのため、いくつかの花屋を参考にし、花が綺麗に見える明るさの照明を見ると良いですね。

2つ目は、花に集中できる壁紙にすることです。
柄のある壁紙にすると、花よりも壁紙に目が向く可能性があります。
そのため、壁紙は単色の物が良いでしょう。
また、花と同系色の黄色やピンク、緑の単色は避けると良いですね。

3つ目は、バックヤードを広めに作ることです。
鉢や吸水フォーム、道具、段ボールが収納できずに、売り場に散乱していると良い印象を受けないですよね。
そのため、お客さんに見られたくない物を収納するバックヤードにもこだわりましょう。
そうすることで、花の印象やコンセプトに合った花屋を実現できますね。

□花の見せ方を工夫しましょう!

花屋は花の見せ方によって客足が変化するのをご存知でしょうか。
花がたくさん売れる花屋は花の見せ方が上手であることが特徴です。
お店の前を通る人の興味を引く見せ方をすることや同じ種類の花をたくさん置くことをおすすめします。
また、ディスプレイは海外の花屋の写真などを参考にするのも良いですね。

さらに、レアな花の種類があるお店や季節の花をいち早く取り入れているお店も印象が強くなります。
花の数は多ければ多いほどお客さんの目を引く特徴があります。
そのため、たくさんの花を用意するのも良いかもしれません。

□まとめ

この記事では、花屋の店舗デザインのポイントについてご紹介しました。
店舗デザインには、花が引き立つ照明にすることや花に集中できる壁紙にすることが重要です。
花屋では花が主役であるため、見せ方の工夫をするとより良いでしょう。
店舗デザインにお悩みの方は、当社が最適なご提案をしますのでお気軽にご相談ください。

DOWNLOAD

- 会社案内ダウンロード -

下記フォームからご依頼いただきますとBalboastudio会社案内PDFをダウンロード・閲覧いただけます。

    送信いただいたメールアドレスにPDFダウンロードURLが届きます。*は必須項目です。

    CONTACT US

    - お問い合わせ -

    こちらはお客様専用のフォームになります。
    業者・建材・企画営業の方は「業者の方へ」のページからお問い合わせください。
    プライバシーポリシーはこちら>> 
    ※必ずお読み下さい
    お電話でもお気軽にお問い合わせください 
    TEL:052-934-7581

      確認画面は出ませんので、送信前にもう一度内容をお確かめください。*は必須項目です。