店舗内装デザインなら東京・名古屋・群馬のBalboa studio

BLOG -ニュース&ブログ-

ベーカリーショップの店舗デザインを検討中の方へ!デザインのポイントを紹介します!
2021/04/19

こんにちは!Balboa studioスタッフの近藤です。
ベーカリーショップを開きたいとお考えの方がいらっしゃると思います。
お店を営業する際に重要なのが、店内のデザインです。
そこで今回は、デザイン会社がベーカリーショップの店舗デザインについて解説します。

□ベーカリーショップの内装を考える上でのポイントとは?

baguettes-2561_1920 ベーカリーショップの店舗デザインを検討中の方へ!デザインのポイントを紹介します!

店舗のデザインはベーカリーショップの売り上げに大きく関わっています。
ここでは、ベーカリーショップを開業する際の3つのポイントをご紹介します。

1つ目は販売スペースの内装のデザインです。
ベーカリーショップでは、おいしいパンを作ることはもちろん大切です。
しかし、作ったパンをどれだけ美味しく演出できるかも非常に大切です。
美味しく見せる演出とはパンの陳列や照明などを指します。

これらの販売スペースは内装の中でも重要度が高いでしょう。
まずは、照明についてです。
照明は電球色のものが良いでしょう。
電球色の照明であれば、パンの色合いと見栄えが良くなります。

また、商品の陳列方法でお店のオリジナリティを演出できます。
たとえば、パンの色や大きさで棚を分けたり、季節の商品を目立つ場所に置いたりすることでメリハリのあるレイアウトに仕上げられます。
これらはすべて、内装デザインに含まれます。

2つ目は厨房機器のグレードについてです。
ベーカリーショップでは、パンを効率的に焼くために専用の厨房機器が欠かせません。
一度に大量に焼けるオーブンなどの機械設置を検討する必要があります。
そのため、どのくらいの費用がかかるか事前に調べておきましょう。

3つ目はイートインスペースの大きさです。
イートインスペースを設ける場合は大きさが重要です。
スペースがあまりに小さい場合はお客様同士がぶつかってしまうかもしれません。
そこで、大きさには気をつけてイートインスペースを設置しましょう。

では、イートインスペースにはどのようなメリットがあるのでしょうか。
イートインスペースを設けると、飲み物の売り上げを上げられるでしょう。
さらに、飲食をしているお客様を見て、お店の外の人が興味を持つことが挙げられます。

そのようなイートインスペースを作るためには、居心地の良い空間を作ることが大切です。
具体的には、壁などと近く窮屈に感じないような空間を作りましょう。
さらに、イスやテーブルにこだわるとより快適になるでしょう。

続いて、ベーカリーショップにぜひ取り入れたいものを紹介します。
まずは木材です。
木材を取り入れると店内が素朴な空間に仕上がります。
木材はベーカリーショップとの相性がとても良いです。

その他には、レンガも用いるとパンの焼き窯のイメージが強調されて良いでしょう。
加えて、イートインスペースやカウンターに手書きのイラストを飾ると、オリジナリティのあるお店を演出できます。

内装や外装に用いる素材やアイテムについて、こだわってみてはいかがでしょうか。

□ベーカリーショップにおすすめの店舗デザインとは?

続いて、おしゃれなお店にするための2つの方法についてご紹介します。

1つ目は木を多用することです。
床を無垢フローリングで仕上げると自然の雰囲気をより効果的に出せるでしょう。
床に木を用いる場合は、汚れにくい種類などがあるのでデザイン会社に相談して決めるようにしましょう。

2つ目はイートインスペースと販売のスペースは分けることです。
床には腰壁、天井には垂れ壁を用いることで、自然に空間を分けられるでしょう。

これらのポイントに注意して構想を練ってみてください。

□まとめ

今回は、ベーカリーショップの店舗デザインのポイントについてお伝えしました。
店舗のイメージを確立するためには、店舗の良質なデザインは欠かせません。
当社では、お客様の要望に沿ってデザインを検討させていただきます。
店舗のデザイン、設計、施工に関してお悩みの方は、お気軽に当社にお問合せください。

CONTACT US

- お問い合わせ -

こちらはお客様専用のフォームになります。
業者・建材・企画営業の方は「業者の方へ」のページからお問い合わせください。
プライバシーポリシーはこちら>> 
※必ずお読み下さい
お電話でもお気軽にお問い合わせください 
TEL:052-934-7581

    確認画面は出ませんので、送信前にもう一度内容をお確かめください。*は必須項目です。