店舗内装デザインなら東京・名古屋・群馬のBalboa studio

BLOG -ニュース&ブログ-

飲食店における店舗デザインのコンセプトを考える上で重要なポイントについてご紹介します!
2021/01/18

こんにちは!Balboa studioスタッフの近藤です。

「店舗デザインを決めたいと考えているが、コンセプトが決まらない。」
このような方もいらっしゃるのではないでしょうか。
飲食店で店舗デザインを決める際にコンセプトは非常に重要です。
今回は当社が飲食店における店舗デザインのコンセプトを考える上でのポイントをご紹介します。

□コンセプトが重要な理由とは

0007_xlarge 飲食店における店舗デザインのコンセプトを考える上で重要なポイントについてご紹介します!

飲食店を開業したいが、店舗デザインの件についてはあまり検討したことが無かったという方はいらっしゃいませんか。
そのような方は開業で失敗してしまうかもしれません。
店舗デザインは飲食店にとって非常に重要であり、その店舗デザインのコンセプトは出店をする際の土台にもなるでしょう。
店舗デザインのコンセプトを作る際に、考えるべきポイントは「誰に何をどこでどのようなお店で売るか」です。

また、なぜ飲食店を出店したいのかもしっかり考えておくと良いでしょう。
目指す店のコンセプトと店舗デザインの相性が良い場合、お客様に好評で過ごしやすい空間を演出できます。
納得する、そして満足できる店舗デザインを作るには、デザイン会社に依頼する前にしっかりコンセプトを考えておくことが大切です。
しっかりコンセプトを作り込んでおけば、デザイン会社との話し合いもスムーズに進み、イメージもよく伝わるでしょう。

上記のことから店舗デザインを決める際には、コンセプトを大切するのがおすすめです。

□コンセプトを決める際のコツとは

先程の店舗デザインのコンセプトを作る際に考えるべきポイントについて詳しく見ていきましょう。

1つめは誰に何を売るかです。
店で販売する商品は誰に向けて売るのか、そして先にターゲットが決まっている場合は何を売るのかを十分に検討しましょう。
販売する商品の価格と店の雰囲気が調和するような店舗デザインがおすすめです。
高級店では、内装もカジュアルな雰囲気よりラグジュアリー感のあふれる雰囲気の方がお客様の評価が高くなるのではないでしょうか。

何を売るかを決める際は、商品の特徴をなるべく細かく考えましょう。
同じジャンルの飲食店との違いや独自の強みを存分にアピールできるコンセプトを考えるのがおすすめです。

2つめはどこで売るかです。
どのようなターゲットに商品を提供するのかを決める際にも必要な情報としてどこに売るかも考えるべきでしょう。
周辺の飲食店の客層や状況を判断して、ターゲットの客層を決め、店舗デザインのコンセプトを変えてください。
特にフランチャイズの店舗では、地域ごとの特徴が現れやすいため、十分に意識してコンセプト作りをしましょう。

3つめはなぜ飲食店をしたいのかを考えることです。
飲食店を経営する原動力として、自分の夢や飲食店をする経緯があると思います。
その夢や経緯をデザイン会社の人にはしっかり伝えてください。
夢を伝えれば、きっとより良いデザインを目指して頑張ってくれるでしょう。

□お客様の滞在時間が長い店でのコンセプトとは

飲食店と一言で表しても、ラーメン屋からカフェまであり、それぞれの店で想定する滞在時間があるでしょう。
そのため、各滞在時間に合わせた店舗デザインが重要です。
お客様の滞在時間が長い飲食店では、お客様が飽きてしまったり、退屈してしまったりしないようにデザインすることが大切です。

お客様を退屈させない工夫は、席が空くまでの待ち時間でもできるでしょう。
例えば、実際に調理場を見せるようなデザインや、インテリアを楽しむようなデザインはお客様にとって飽きない空間となるためおすすめです。

□まとめ

今回は飲食店における店舗デザインのコンセプトの考え方についてご紹介しました。
コンセプトが店舗デザインに大きな影響を与える点を理解していただけましたか。
他にも店舗デザインについてご不明な点がありましたら、当社までお問い合わせください。

DOWNLOAD

- 会社案内ダウンロード -

下記フォームからご依頼いただきますとBalboastudio会社案内PDFをダウンロード・閲覧いただけます。

    送信いただいたメールアドレスにPDFダウンロードURLが届きます。*は必須項目です。

    CONTACT US

    - お問い合わせ -

    こちらはお客様専用のフォームになります。
    業者・建材・企画営業の方は「業者の方へ」のページからお問い合わせください。
    プライバシーポリシーはこちら>> 
    ※必ずお読み下さい
    お電話でもお気軽にお問い合わせください 
    TEL:052-934-7581

      確認画面は出ませんので、送信前にもう一度内容をお確かめください。*は必須項目です。