店舗・オフィスデザインなら東京・名古屋・群馬のBalboa studio

BLOG -ニュース&ブログ-

店舗デザインにかかる費用とは?デザイン会社が解説いたします
2020/08/25

こんにちは!Balboa studioスタッフの近藤です。

「店舗開業のための内装工事をしたい。」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
しかし、そこで不安になるのは工事費用についてではないでしょうか。

内装工事に関する費用についての不安を解決すべく、内装工事の費用について解説いたします。

□飲食店の業態別の費用相場

IMG_2539 店舗デザインにかかる費用とは?デザイン会社が解説いたします

飲食店での内装工事の費用について紹介いたします。
飲食店といってもさまざまな業態があり、それぞれによって必要な費用が異なります。
カフェ、レストラン、和食店、焼肉店といった業態の費用相場について紹介いたしましょう。
内装工事といってもその規模はさまざまで、その規模によって工事費用が異なります。
今回の内装工事では、開業のための大規模工事を前提として費用を紹介いたします。

まずはカフェですが、カフェでの内装工事の費用相場は、15万円~25万円程度です。
意外と安いと感じた方も多いのではないでしょうか。
安さの秘密は厨房設備の有無にあります。

カフェではドリンク提供がメインなため、大規模な厨房設備が必要なく、費用が抑えられる傾向にあります。
一方レストランや和食店では25万円~50万円ほどの費用がかかります。
やはりフードの提供がメインとなると、設備費用にお金がいるため、費用が高くなってしまうという点を押さえておきましょう。

焼肉店では50万円以上の費用がかかり、他の業態よりも費用が高くかかってしまいます。
焼肉店では他の飲食店とは異なり、ダクト工事などに費用がかかるため、どうしても総工費が高いです。

また、店舗の工事を行う場合、上にあげた費用の他に電気工事やガスや水道の工事に関する費用がかかる場合もあります。
それぞれの費用についても確認しておきましょう。
まずは電気工事ですが、100万円程度とかなり高額な費用がかかります。
一方ガス工事はおよそ3〜40万円程度の費用がかかります。
水道工事には費用に幅があり、50万円程度で済む場合もあれば、100万円以上かかる場合もあります。

物件の状況によって異なるため、早めに見積もりをとりましょう。

□内装工事の費用が変わる要因

内装工事は、店舗の業態や立地などによって費用が大きく異なります。
できるだけ費用を抑えるためにはどうすれば良いのでしょうか。
ポイントに分けて解説いたします。

一番大切なのが、物件の状態です。
居抜きと言って、前まであった店舗の設備がそのまま残っているという場合があり、この場合は比較的安価で内装工事が可能です。
開業費用が抑えられるため、居抜きの物件は魅力的ですね。
しかし居抜きの場合でも、業態が異なっていて使えない物件の場合には、設備の撤去費用が余分にかかる場合があります。

また、内装のデザインによっても費用は変わります。
内装工事をする際に、設計をデザイン会社に頼みたいとお考えの方もいらっしゃるかも知れません。
デザイン会社のする内装デザインはクオリティが高く、依頼主のイメージ通りの店舗デザインが実現できるでしょう。

しかし、その分費用がかかるため注意が必要です。
ただ、店舗デザインは集客において大切な要素の一つです。
デザインを重視した店舗経営をお考えの場合には、デザイン会社への依頼を検討してみてはいかがでしょう。

施工会社によっても内装工事の費用が異なります。
同じ設計書でも、施工会社によって得意としている施工内容が異なるため、かかる費用が異なります。
費用だけでなく施工のクオリティも大切なため、価格に惑わされないようにしましょう。

□まとめ

店舗の内装工事の費用についてお話しいたしました。
内装工事では業態や物件の状態、デザインや施工会社によって費用が大きく異なります。
費用を考える際には、さまざまな角度から考えるようにしましょう。

CONTACT US

- お問い合わせ -

プライバシーポリシーはこちら>> 
※必ずお読み下さい
お電話でもお気軽にお問い合わせください 
TEL:052-934-7581

    確認画面は出ませんので、送信前にもう一度内容をお確かめください。*は必須項目です。