店舗・オフィスデザインなら東京・名古屋・群馬のBalboa studio

BLOG -ニュース&ブログ-

店舗デザインをお考えの方へ!壁について解説
2020/08/13

こんにちは!Balboa studioスタッフの近藤です。

「お店の壁はどんな種類にしたら良いかが分からない。」
このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか。
店舗で用いられている壁材には多くの種類があるため、どれを選べば良いか悩んでしまう方は多いです。

それぞれの特徴を知って、最適な壁材を選びましょう。

□壁は店舗デザインの基本である

pexels-steve-johnson-1843717 店舗デザインをお考えの方へ!壁について解説

選べる種類が多いと、なんとなくのフィーリングで決めてしまうこともあるでしょう。
しかし、壁や床は店舗デザインの基本と言われていて、店内の雰囲気を形作るために大切な役割を果たしています。
そのため、お店のコンセプトやテーマに合った壁材を正しく選ばなければいけません。
店舗経営者の方は、店舗デザインを依頼するデザイナーの方と一緒に最適な壁材を考えましょう。

□壁材の種類と特徴

店舗デザインを考えるまで、壁材について深く考えたことはなかったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
壁材には多くの種類があり、それぞれに特徴があります。
種類と特徴を正しく知っていれば、壁材で失敗することはありません。
いくつか壁紙を紹介するので、確認しておきましょう。

*クロス

クロスとはいわば壁紙を貼るタイプの壁材です。
クロスの中にもいくつかの種類があり、特徴が異なっています。
例えば、ビニールクロス、紙クロス、織物クロスといったクロスが存在しています。
それぞれの特徴についても知っておきましょう。

まずはビニールクロスですが、安価で機能性に優れているという特徴があります。
デザインのバリエーションも豊富なため、好みのデザインが選びやすいです。
ただ、耐久性は低いので、壁に負担がかかる飲食店などの業態では使用を避けるか、頻繁な張り替えが必要でしょう。

紙クロスは和紙などでできていて、和な雰囲気を演出するのに役立ちます。

また、湿気を吸収したり逆に湿気を放出するといった、室内の湿度を一定に保つ機能や消音効果があり機能的にも魅力的な壁紙です。
ただし、水分や油分には弱いため注意しておきましょう。

織物クロスは高級感のある仕上がりが期待できます。
美術館やホテルのロビーで見かけることも多いのではないでしょうか。

*塗り壁

塗り壁とは、漆喰や珪藻土によって塗り固められた壁のことを指します。
見た目は高級で、和な雰囲気や自然な雰囲気を演出するのに適しています。
調湿性、断熱性、防火防音性といったような機能があり、魅力的に感じる方も多いでしょう。
クロスと比べたときに、施工に時間とコストがかるというデメリットがあります。
ただ、メンテナンスさえすれば張り替えをせず長期的に使用できるため、長い目で見るとコストカットにもつながります。

*木質系壁材

木張の壁に憧れのある方は多いでしょう。
ログハウスのような雰囲気を演出でき、見栄えがよく温もりも感じられます。
機能的にも、断熱性に優れているというメリットがあります。
木質系壁材は天然木と合板という種類に分けられます。
それぞれに特徴があるため、こちらも把握しておきましょう。

天然木は自然素材なため、質感に優れています。
しかし、自然素材なだけあって高価なため、導入には慎重な検討が必要でしょう。
一方合板は、高級感こそ自然の天然木には劣りますが、安価に木の質感を再現できます。

*コンクリート

アパレルショップなどでコンクリートの壁材はよく用いられています。
コンクリートはスタイリッシュな印象を与えられるので、メンズを対象としたお店で好まれます。

□まとめ

4つの壁材の種類を紹介いたしましたが、知らなかった壁材があったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
壁材で後悔しないためにも、しっかりと情報収集をして、最適な壁材を選べるようにしましょう。

CONTACT US

- お問い合わせ -

プライバシーポリシーはこちら>> 
※必ずお読み下さい
お電話でもお気軽にお問い合わせください 
TEL:052-934-7581

確認画面は出ませんので、送信前にもう一度内容をお確かめください。*は必須項目です。