店舗・オフィスデザインなら東京・名古屋・群馬のBalboa studio

BLOG -ニュース&ブログ-

エントランスも大切!店舗デザインを考えよう
2020/08/11

こんにちは!Balboa studioスタッフの近藤です。

「はっと目を引くエントランスにしたい。」
このようにお考えの方の店舗経営者の方はいらっしゃいませんか。
お店のエントランスはお客さんの興味を引くのに最も重要な箇所です。

エントランスにおける店舗デザインについて詳しく解説いたします。

□店舗デザインではお客さんの目線を意識する

0021_xlarge エントランスも大切!店舗デザインを考えよう

店舗を経営予定の方で、店舗デザインにこだわりたいという方は多いでしょう。
しかし、店舗デザインのこだわり方には気をつけなければいけません。
自分の店舗なので、自分好みに店舗をデザインしたいという経営者の方も多いのではないでしょうか。
商売をしていくにあたって店舗デザインはお客さんのためのものでなければいけません。
そのため、店舗デザインではお客さんの目線でデザインする必要があるのです。

もちろん、長い期間同じ店舗を経営していくため、自分が気に入っているというのは大前提です。
しかし常にお客さんの目線を考えて、お客さんにとって入ってみたいと思ってもらえるようなデザイン、入った後に買い物を楽しんでもらえるようなデザインを心がけることが大切です。

例えば、エントランスはその代表例でしょう。
エントランスは店の顔なので店主の好みが一番出やすいかと思います。
しかし、エントランスでお客さんの気を引けなければ、顧客は獲得できません。
そのため、エントランスでは特にお客さんの気を引くデザインを心がけるのが良いでしょう。

□業種別のエントランスのタイプ

エントランスはお客さんの目線に立って考えなければいけないとお話しいたしました。
お客さんの気持ちになったときに、ある程度共通して求められていることがあると気がつくでしょう。
それは、店舗が営業している業態別に分類できます。
お客さんの求めるものから離れすぎないように、業種別にエントランスのタイプを確認しておきましょう。

*飲食店

飲食店で大切なのは、入る前に提供している料理と料理の価格帯を知れるかどうかです。
価格帯が低いお店であれば、入りやすい雰囲気のエントランスにしましょう。
逆に価格が少し高めのお店なのであれば、高級感を演出しましょう。
また、メニューブックを店の前に置くというのも価格帯を示す手段の一つです。

*サロンや美容院

サロンや美容院では、何よりも清潔感が求められます。
というのもサロンや美容院には、自分をきれいにしてもらおうと考えていく場合がほとんどです。
そのため、できるだけ清潔感のある場所を求めている人が多いです。

また、清潔感と似た雰囲気づくりとして、開放感も大切にした店舗づくりをしましょう。
解放感のない窮屈な空間では自分が美しく生まれ変わるというイメージは湧きにくいのではないのでしょうか。
やはり自由で伸び伸びとした空間でこそ、生まれ変わった自分をイメージしやすいでしょう。
解放感を演出するのにいちばんの方法は、入口や壁をガラス張りにすることです。
しかし、あまりにも開放感がありすぎると落ち着かないので、うまくバランスをとりましょう。

*アパレル

アパレルで大切なのは、シーズンの新商品や流行に乗っている服が売られているかどうかが一目で分かることです。
アパレルで気を惹きつけないといけないお客さんは、流行に敏感な方です。
そのため、流行に乗れる服が売っているかどうかを、ショーウィンドウやマネキンで示さなければいけません。
流行や季節の変化に合わせてこまめにレイアウトを変更しましょう。

□まとめ

お客さんに好んでいただける店舗を作るには、エントランスから気を引けるデザインにする必要があります。
良いエントランスができれば、お客さんを獲得できるでしょう。
商売を成功させるためにも、良いエントランスを目指しましょう。

CONTACT US

- お問い合わせ -

プライバシーポリシーはこちら>> 
※必ずお読み下さい
お電話でもお気軽にお問い合わせください 
TEL:052-934-7581

確認画面は出ませんので、送信前にもう一度内容をお確かめください。*は必須項目です。